Blog&Column

12月 20日 2017年

お見合いの時の服装(男性編)【活動編】

 
 

お見合いの服装のポイント女性が男性に求めるのは清潔感やさわやかさです。

 
 
コーディネイトも大事ですが、髪を整えて、髭もきちんとそるかきれいに整えるなどして清潔感を出しましょう。

 

バッグや靴なども見た目が悪くなっていないかチェックします。

シミがある服、よれよれのシャツなどは好感度を一気に下げてしまいます。

 

洋服のサイズがあっていないとだらしなく見えるので注意しましょう。

また、服装はキマッテいても体臭や口臭がキツイと女性は引いてしまいます。

 

 
 
 
 

 おススメの服装

 
 
お見合いの時には、話しやすい雰囲気を出すために少しカジュアルなものを選びます。

といってもくだけすぎないように注意します。

 

カラーとしてはグレーやネイビー、ベージュがおススメです。

たとえば、ジャケットはネイビーでパンツはベージュといった組み合わせです。

 

靴は革靴できちんとした印象になるようにします。

 

白シャツも女性ウケするアイテムです。

白シャツに渋めの色合いのチノパン、あるいはきれいめの黒のパンツの組み合わせがいいですね。

グレーのニットのカーディガンを羽織ると上品な感じが出ます。

 

また、ブルーと白の組み合わせはさわやかな印象を与えるので、ブルーと白のギンガムチェックのシャツなどもいいですね。

 

 

 
 
 
 

避けたい服装

 
 
 
ジャケットは女性に人気がありますが、デザインや生地がフォーマルすぎるものは避けたほうがいいですね。

また、個性的過ぎる服装も敬遠されます。

 

結婚を考えている女性は頼れる男性を探しています。

 

個性の強い服はどちらかというと子供っぽいイメージを与え、良識のある円熟した男性というイメージは与えられません。

 

また、スウェットパンツやジャージ、短パンにTシャツのようなくだけすぎた服装もNGです。

女性はおしゃれをしてきているのに男性がカジュアルすぎるとアンバランスになりますし、「普段着同然の格好で来るなんてマナーが悪い人」と思われてしまいます。

 

女性は大事にされたいという気持ちが強いです。

 

自分のために素敵な服装で来てくれる男性には惹かれることでしょう。

 

h-bird

岐阜の婚活をサポートする岐阜 結婚相談所 (株)ハミングバード