Blog&Column

6月 28日 2017年

正しい結婚相談所の使い方【基礎編】

1 かしこい人は使っている結婚相談所

近年、結婚相談所を取り巻く環境は様変わりしています。
「自分の希望する条件に合った相手を探す場所」として、結婚相談所を賢く利用する人が増えているんです。
特に女性は早い時期から積極的に活動する人が多くなってきています。

20代前半から入会して仕事と婚活を同時に進めている女性や、最近では若い男性の入会も増えています。
忙しい生活の中で、できるだけ効率よく婚活をしたいという人が結婚相談所を選ぶ傾向にあるようですね。

 

2 結婚相談所は他の婚活よりも優位!?

和傘のイメージ(ハミングバード)

結婚相談所では最初から希望条件などを絞り込めるので、不特定多数が集まる合コンやお見合いパーティーなどよりも理想の相手に会える確率が高いとも言えるでしょう。
登録料や月会費などにある程度の費用がかかるため、冷やかしで登録する人が少ないことも特徴です。

思わぬトラブルに巻き込まれた場合でも、結婚相談所であればカウンセラーがすぐに対応してくれますから、その点でも安心ですね。

信頼と安心という点において結婚相談所の利用は他の婚活より特に勝っているともいえますね。

 

3 インターネット上の婚活におけるメリット、デメリット

インターネットは結婚相談所において今や欠かせないツールです。インターネットの普及によって、婚活も様変わりしたと言えるかもしれませんね。
以下はインターネットを使った婚活=「婚活サイト」や「出会い系サイト」のメリットとデメリットについてです。

婚活サイトは簡単な登録で、パソコンやスマートフォンで24時間365日いつでも相手を探すことができます。

入会金や月会費も低価格で、結婚相談所に出向く手間もないため、自分のペースで婚活を進められることが人気のようです。
しかし実際の成婚率になると必ずしも良好とはいえません。理由は入会の気軽さゆえに、結婚への意識が必ずしも高い人ばかりではなかったり、次々とランダムに相手を探して、かえって混乱してしまったり、インターネットの便利さがかえってあだになってしまうこともあるようです。

 

4 自分に合った結婚相談所を選ぶことで選択の幅が広がる

一口に結婚相談所といっても、全国に支店があり何万人もの会員を抱えている大手の相談所から、こぢんまりと経営している、いわゆる町の結婚相談所まで、規模も特徴も様々です。

結婚相談所を上手に利用するためには自分のニーズに合ったところを選ぶということが大切です。

結婚相談所のサービス内容は一般的に、「希望の条件に合わせた相手の紹介」「お見合いの斡旋」「婚活、お見合いパーティー」などが主なものです。
中には、自己啓発セミナーが受けられたり、ファッションやメイク、デート中の会話なども細かくサポートしてくれるような相談所などもあるようですね。

自分がどんなサービスを求めているかをまず考えてみてくださいね。
自分に合った結婚相談所を選ぶことで、婚活の選択肢がグッと広がるはずです。

 

5 まとめ

結婚相談所に入会するのは心理的、金銭的な負担が大きいと考える人もいるでしょう。

直接出向いてカウンセラーと話しをしたり、自分のプロフィールを見知らぬ他人に公開したり、入会金や月会費も決して安いとは言えません。
でも逆の立場で考えてみてください。

もし自分が結婚を真剣に考えている場合、相手にも同じことを求めませんか?

真剣に考えるからこそ、そのハードルを乗り越えて結婚相談所に登録しようと思うわけですよね。
冷やかしの人はそこまでの労力を払おうとは思わないはずです。

つまり、結婚相談所とは、真剣に結婚を考えている人だけが集まる場所なんです。そこが他のサービスとの一番大きな違いともいえるでしょう。

h-bird

岐阜の婚活をサポートする岐阜 結婚相談所 (株)ハミングバード