Blog&Column

1月 19日 2018年

20代で結婚相談所で婚活をされている方の実情【基礎編】

 

 

 

20代で活動されている方は実は多い

 

 

日本は晩婚傾向になっていることもあり、20代というと結婚よりも仕事や遊びに夢中になっているようなイメージがありますが、実際には早く結婚したいと思っている20代の人も少なくないようです。

 

20代になると徐々に年齢を意識するようになってきますし、また、親から心配されるようになる ―ということも婚活を始めるきっかけの一因になるようですね。

 

そのほかにも身近な30代の人が結婚に苦労しているのを見て、早いうちから婚活を始めようと思う人も多くなっています。

 

婚活の方法としては 合コンへの参加、婚活サイトや結婚相談所への申し込み、友達に紹介してもらうなどが主ですね。

 

 

 

 

 

20代はスゴ――ク有利

 

 

婚活するうえで20代はかなり有利です。

 

その最大のメリットはなんといっても、選択肢が広いことです。

 

20代の女性なら同年代から40代、50代の男性まで幅広い年齢層からのアプローチを期待することができます。

 

男性の場合、年齢が高くなっても若い女性が好きな人が多いですよね。

また、元気な赤ちゃんを生んでもらうために若くて健康な女性がいいと考える方も少なくないと言えます。

 

男性からすると 30代、40代でバリバリ仕事をして高収入の女性よりも、20代で仕事の経験も年収も少ない女性のほうが自分のプライドが保てる―ということもあるかもしれませんね。

 

 

そして、20代の婚活では 男性の場合においても有利と言えます。

それは、同年代の女性を探せるだけではなく年上の女性からのアプローチも期待できるからです。

 

若い男性が職場の女性の上司と結婚するケースがあるように、

女性からすると 年下の男性は母性本能をくすぐられる存在なのです。

 

面倒を見てあげたいという気持ちがそのまま恋愛感情に発展することもあるというわけですね。

 

 

 

 

 

20代が結婚相談所に増えている!?

 

 

結婚相談所に登録する人の年齢は 30代、40代が中心ですが、最近では20代の方も多くなっています。

 

結婚相談所にもよりますが、平均して会員の2割程度が20代の女性になっています。

 

プライベートで出会いも多いはずですが、やはり効率的に理想にあった人を探したいと思うのでしょうね。

 

高い費用をかけても結婚相談所に申し込む女性は

結婚のことをより深く、真剣に考えているはずなので

若いとはいえしっかりした方が多いことでしょう。

 

 

 

 

 

h-bird

岐阜の婚活をサポートする岐阜 結婚相談所 (株)ハミングバード